自動車部品製造デザイン

press_simulation

 自動車を生産するための技術は、日々進化しています。自動車部品製造のための金型製造技術についても例外ではありません。
 金型は大量生産に使われるにもかかわらず、
金型製造は、多品種1品生産であるため、計算機による製造性解析(CAEシミュレーション)は必須の技術となっています。

 自動車部品製造デザインは、大学院教育の中で、自動車製造デザイン情報処理特論I,IIの講義科目として実施されています。

 先端金型センターが窓口となり、金型製造に関わる解析ソフトウェアを中心に、企業講師による最新テクノロジー教育実習を実施しています。